スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年度柳瀬地区の取り組み ~福祉まつり実現に向けて~

柳瀬地区 第3回定例会柳瀬0617

◆平成20年6月7日(土)10:00~12:00
◆柳瀬公民館 学習室1号
◆参加者11名、社協1名  計12名

1 開 会
  
2 協 議
1)福祉まつりの企画検討
①開催日及び会場について
・3月8日(日)とし、柳瀬公民館で開催する。時間については今後検討する。
・体育館の借用については、今後検討する。

②福祉まつりの具体的なプログラムについての新しい意見
出されたアイディアとしては下記の通り。

・もちつき
・缶つぶし大会
  …環境に対する身近な取り組みとしても良い。缶10個持参すると豚汁等のプレゼントがあってもよい。
・柳瀬の地場野菜の活用とPR
  …野菜の販売や豚汁があってもよい。農協に呼びかける等考えられる。
・まちを知る
  …アルミ缶を拾いながら、まちを歩くようなプログラム。子どもも参加できる。
・環境コーナー
  …CO2排出量を身を持って体験できるコーナー。缶つぶし大会と関連させても良い。

③プログラムの検討
  前回と今回に出された企画案について実現可能かどうか検討を深めた。また、実施するにあたっては、大人も子供も体験できることを念頭におくことが確認された。そして普段外に出づらい人が参加しやすいような企画や、高齢者が楽しめる企画(食べること、おしゃべりすること、健康チェック、相談コーナー)を考える必要がある。

・新聞プール…実施したい。
・ダンボールハウス…体育館等スペースが必要なので、要検討。
・福祉体験…車イス、アイマスク・視覚障がい体験、高齢者疑似体験等は実施できる。
・バザー…特色がないと人は集まらない可能性があるので、実施は難しい。
・食べ物…焼きそば、豚汁、ポップコーンが有力。
       もちつきは参加型という意味でも実現したいところだが、準備が大変かもしれない。
       コーヒーやお茶があっても良い。
       焼き鳥という意見もあったが、準備が大変との意見があった。
・昔遊び…1月に柳瀬公民館で開催する繭玉まつりで長生クラブが取り組むので、
       3月というタイミングで実施することが適当か要検討。
        わんぱく広場にも協力をお願いできると良い。
・健康チェック…高齢者向け参加者は関心が高そうなため実施したい。
・相談コーナー…隠れたニーズを拾っていくためにも実施したい。
          健康チェックコーナー近くに設置すると良い。
・昔話…人が集まらない可能性があるので実施は難しい。
・映写会+懇談…「こういうことをめざしている」ということをPRするためにも実施したい。
          ただし、ビデオを放映することについては、確認が必要。
・ディスコン…10m以上はスペースが必要だが、実施したい。体育館が適当かもしれない。
・人材バンク登録コーナー
    …お助け隊のための情報集めも必要なので、「できること」の情報を集める程度で行いたい。
・バルーンアート…ボランティアの方に協力してもらえれば実施したい。
・手品…披露してくれる人がいれば実施したい。
     生きがい大学OB会のグループにあたるのも手。
・音楽演奏…コーラスグループ「ハミング」「コールカナ」はみんなが口ずさめる歌で歌ってくれるらしい。
   
2)ゴミ拾いをしながらの調査活動について
・今年度2回程度取り組んではどうかとの意見が出された。

3)会のPRについて
・公民館だよりに掲載してもらうことも考えられる。
・PRするためには、会の名称や活動内容を固めていく必要がある。
・メンバーの名刺については、事務局で用意できる。

4)次回以降の検討について
・福祉まつりの企画を絞る。
・ゴミ拾いをしながらの調査活動について、日程を検討する。

5)その他
・次回の検討にあたって、自分は福祉まつりの企画・準備等で何ができるのかを考えておくことになった。

3 閉会


福祉まつりが具体的になってきました!!
にぎわう様子が目に浮かびますね!

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。