スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ並木・柳瀬地区で始まる!第1回地域福祉コミュニティ推進事業は寸劇も上演!

1 開会挨拶
 実行委員の司会進行で、第1回(拡大版)を開会しました。
 開会に際し、所沢市社会福祉協議会の大竹次長から、次のような挨拶がありました。
 「本年度は、並木地区・柳瀬地区合同で取り組んでいきますが、お互いに情報交換することで、自分の地区を見つめ直すきっかけになればと思います。5月から実行委員、市、社協が準備を進め、この日を迎えることができました。この事業は地域を“知る・考える・実践する”というプロセスを重視しています。点から面へ、住んでいて良かったと思える福祉のまちづくりになっていけるよう祈っています。」

2 オリエンテーション
 本日の目的・流れ・配布資料の確認後、カメラ等の撮影に関する説明をしました。
【本日の目的】
①本事業の趣旨(概要)を知る。
②参加者同士が交流し、知り合う。

たくさんの方にご参加いただきました!

↑たくさんの方にご参加いただきました!

3 寸劇「お悩み解決!コマッタさん」
(地域福祉コミュニティ推進事業の概要説明)
 本事業の概要説明を元に作成した寸劇「お悩み解決!コマッタさん」を、実行委員会参加者、市役所職員、社協職員、市役所・社協の実習生で演じました。

寸劇「こまったさん」の一場面。演じるのは、実行委員の皆さんとスタッフ。

↑寸劇「こまったさん」の一場面。演じるのは、実行委員の皆さんとスタッフ。

昨年度の新所沢・新所沢東に続き2代目のカラス。その名も「かんざぶろう」。

↑昨年度の実施地区新所沢・新所沢東地区に続く2代目カラス、その名も「かんざぶろう」

4 意見交換会
 地区別で3グループずつに分かれ、寸劇を見て、「地域」について思うこと、考えたことを中心に、参加者同士で意見交換をしました。最後に、グループごとに意見交換の内容を発表し合いました。

 意見交換では、寸劇にも出ていた「ゴミの問題」をはじめ、「地域づくりがこれから必要」「継続することが大切」「知ることを大切にしていきたい」「ネットワークが必要」などの意見や意気込み?!などが各グループで出されました。また、具体的な活動のアイディアなども出されたグループもあったようです。

熱気に包まれた意見交換会

↑熱気に包まれた意見交換会

5 事務連絡
次回の内容、および、本事業への参加者募集中の連絡をし、終了しました。終了後も、引き続き懇談している様子も見られました。

≪次回のスケジュール≫
【第2回実践活動】
・日時:9月1日(土)午前10時~正午
・会場:所沢市役所8階大会議室



テーマ : できることから
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。