スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5地区懇談会「各活動の情報交換を通じて、今後の活動のヒントをつかむ」Part2

地域福祉コミュニティ推進事業実施地区の参加者で集まり、情報懇談会を行いました。
前半はコチラをご覧ください。→ (PART.1)

パネルディスカッション
「今年度の各活動からの報告」
     
 引き続き、中島修氏をコーディネーターにパネルディスカッションを行いました。各地区の活動の代表から、平成18年度の活動報告を行いました。
三ヶ島地区 三ヶ島活動パネル  
三ヶ島地区の文化祭で小学校区に分割し作成したマップを配布。
トイレ・水の重要さを訴えた。

山口地区
2グループに分かれ、それぞれの活動を継続中。
山口パネル
①しゃぼん玉グループ
子どもの命を守る座談会(保護者対象)
身の守り方講座・だんご汁作り(親子で)

②柳瀬川のせせらぎ 
山口パネラー
柳瀬川を中心に、住民を巻き込みたい。
年2回大規模清掃毎月、定例の清掃活動

松井地区
2グループに分かれ、それぞれの活動を継続中。
松井パネラー
①福祉マップグループ
 マップ+こんな時どうする?(相談窓口一覧)を3千枚印刷し、民生委員の協力で配布。
 地域ケア会議に参加している。地域にどう広げていくかが課題。

松井パネル

②花いっぱい松井の輪
 篠山公園の花の植え替え作業。
 松郷南公園の花壇作成。松郷の自治会の協力が得られることに。
 資金確保の為、バザーを実施。

新所沢・新所沢東地区
2つの活動に取り組んだ。 
①世代間交流イベント
地域での交流を目指し、イベントを実施。
長い目で、浸透していくように、そして、底力が結集する、地域づくりにつながる。
新所沢・新所沢東パネル

②環境美化活動 
地域の方と交流する前に、地域の現状把握をする為、メンバーだけで実施。
今後、地域の方とどう関わりを持つかが課題。

質疑応答・まとめ
 質問・意見交換を元に、中島氏から4点に絞ってまとめがありました。

①横のネットワーク作り
質問:当初の参加者は、元々地域でやっていたボランティア活動に戻っていった。既存のグループの取りまとめも必要ではと考えているが、どのように地域に広げていけば良いか。
回答:社協が策定中の地域福祉活動計画にもネットワーク作りを盛り込む予定。地区によって段階の差がある(ネットワークをする段階、グループを作る段階など)。
山口の支部社協を所沢全体へ広げられたら。

その他:新所沢・新所沢東地区では、団体間のネットワーク組織作りを検討している。

②災害時の取り組みについて
質問:要援護者のリストが個人情報保護法の為、把握ができない。

回答:「災害時の救助希望」で同意を得た人で台帳を作る、足立区の「支えます!助けます!」リストなどで、把握が可能になる。
質疑応答

③自主財源確保の大切さ
質問:「花いっぱい松井の輪」が行った自主財源確保について教えて欲しい。
担当:市民フェスティバルで、バザーを行い、資金を確保した。
回答:バザーや助成金を申請することで活動が継続していく。
   助成金情報は、社協が把握しているので、ご相談を。財団などが行っている補助金なども、申請すると意外に貰える。

④地域で共通のテーマを取り上げ、多くの人が加わり易くすること
質問:コミュニティワークという言葉になじみがないせいか、人が増えない。
回答:福祉は自分と関係ないと思う人が大多数。地域住民が共通のテーマ(例:山口地区の柳瀬川の取り組み)を取り上げ、いろいろな人が出会う場を作る。その場から協働の場ができ、ネットワーク作りができていく。


テーマ : 彩の国埼玉
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。