スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地区ごとで地域を考えよう!!小手指地区・富岡地区  地域福祉コミュニティ推進事業第2回!!

◆開催日時:平成21年7月18日(土)10:00~12:05
◆開催場所:所沢市役所8階大会議室
◆出席者:42名(小手指地区22名、富岡地区14名、市2名、社協4名)

本日の目的:
①参加者同士が知り合う→地域の活動を知る
②お互いの「地域観」を共有する
― 内容 ―
1 プログラム
2 この会のまとめ
3 旗上げアンケート・ご意見ご感想シートで出された主な意見
tomikote2-2

(以下追記)
1 プログラム

1)開会・オリエンテーション
・ 所沢市社会福祉協議会村岡次長が開会を宣言
・ 資料確認、本日の目的、流れの説明。

tomikote2-1

2)アイスブレイク
①小手指・富岡○×クイズ
・小手指・富岡地区の歴史や人口統計などのクイズを8問出し、○と×にそれぞれ移動する。

②誕生日順に並んでみよう!
・地区別に分かれ、誕生日順に1列に並ぶ。

3)ワークショップ①

・地区別のグループに分かれて、ワークショップ。(小手指地区のみ2グループ。)
テーマ:参加者同士が知り合う→地域の活動を知る
①名前と、所属している団体や地域活動等を記入する
②自己紹介と記入したことを各自報告する。(1人1分)
③付箋紙を参考に地域にある団体や活動を紹介する。(1活動1分)

4)休憩・お茶を飲みながら、参加者同士で交流。

5)ワークショップ②
テーマ:この地域のいいところ・気になるところ
①テーマについて思い浮かぶことを記入する。「この地区のいいところ」「この地区の気になるところ」について用紙に各自記入する。
②用紙に記入したことを各自報告する(1人1分)
③意見交換
④地区別に集まり、「いいところ・気になるところ」を整理・補足し、まとめる。
⑤全体でワークショップの報告をし合う(1地区2分)

6)まとめ・旗あげアンケート・事務連絡
・今後のスケジュールの確認
・旗あげアンケート
・ご意見・ご感想シートへの記入

7)閉会

2 この会のまとめ 
参加者同士が知り合うきっかけとして、アイスブレイクのゲームを2つ行った。地区別に分かれて、誕生日順に1列に並ぶゲームでは、偶然にも同じ誕生日の人がいたり、両地区の参加者が該当しない月があったりと、和やかな雰囲気になっていた。
 ワークショップでは、小手指地区は2グループ、富岡地区は1グループに分かれ、地域の「いい所」「気になる所」を出し合い、地域の情報を共有した。
 最後に旗あげアンケートを行い、全体で今日の内容の振り返りを行った。

(1)ワークショップで出た意見
【小手指地区】
地域の「いいところ」「気になるところ」主な意見
①いいところ
・病院や商店等生活に必要な施設がコンパクトにまとまっている。 ・緑が多い。
・公園が大小あり、子育てには助かる。 ・地域の小学校・中学校とのつながりを強く感じる。
・地域住民がよくあいさつをする(近隣自治会・町内会)。 ・公民館活動が活発なところ
・小手指はマンションが多く、それなりに街路樹がきれいに整備されている。

②気になるところ
・いい意味でも悪い意味においても隣近所との関心度は薄い面を感じる ・集会所がない。
・マンションの高齢化が目立ってきている。 ・日中高齢者だけの世帯が多い。 ・坂が多い。
・集合住宅の人の出入りがつかみにくい。 ・人気のない所とにぎやかな所の差が激しい。

【富岡地区】
地域の「いいところ」「気になるところ」主な意見
①いいところ
・緑や畑が多いこと ・子ども(小学生)たちがのびのびしている  ・核家族が少ない 
・天王様がある ・野菜が新鮮でおいしく安い ・自治会主体で新旧住民が和解してきた
・地域が固まっているので活動しやすい ・街並みのフラワーベルトが美しい

②気になるところ
・農業地域のため地域活動が消極的になっている? ・交通の便が悪い ・富岡公民館が遠い
・高齢化率が高い→日中地域の中に人がいる ・夜になると真っ暗になること
・年齢により不便なことが起きる(交通、買物) ・環境汚染問題(最終処分場)
・フラワーヒル地域内は狭山市と所沢市と行政が分かれているので、全体で交流を持つことが難しい

3 旗あげアンケート・ご意見ご感想シートで出された主な意見
(1)旗あげアンケートの結果
本日の目的・プログラムについて     (回答者34名*複数回答)
① 参加者同士知り合うことができた。…25
② 自分の地域・地域にある情報を知ることができた。…22
③ これからの活動が楽しみ。…24
④ よくわからなかった。…2
⑤ その他…1

(2)ご意見ご感想シートで出された主な意見(提出数32)
・メンバーの色んな考えがきけてよかった。同じ地区の住んでいても知らない事も有り勉強になった。ありがとうございました。
・テーマ設定上、やむを得なかったと思いますが、問題の提起を出すところで終ったこと。問題
の本質、掘り下げが出来なかった→今後のテーマになるのでしょうか。
・若い人の意見が聞けてよかった。
・ワークショップ形式で自己紹介や活動報告、また、地域のいいところ・気になることなど知りあ
うきっかけになり良かったと思います。これからの活動を楽しみにしている。
・“老いても安心して住める町”を目ざすには、一人一人の心がけが大切で、今自分にできることから初めなくてはと思います。
・自分の住む地域や、自分のライフスタイルについて考えさせられる内容になってきていると思います。ただ一回目より参加者が少なくなっているのが残念です。

高層住宅の多い小手指地区・農家の多い富岡地区と、大きく違いも出された第2回。
どちらも「緑が多くて、暮らしやすい!」は共通していました。次回は、事業実施地区の参加者からこの事業についてお話し頂きます。どんな話が飛び出すのか!楽しみですね。
☆参加者は随時募集中です。お気軽にお問い合わせ下さい。



ちなみに…
小手指・富岡○×クイズでは、こんな問題を出しました。

問題1:小手指駅は、鉄道が開通した時からあった。○か×か。



答1:○
   大正4年に武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)が開通した時に、小手指駅(現在は西所沢駅となっています。)が開設されています。

詳しく知りたい方は、所沢市のHPをご覧下さい。*ところざわ歴史物語

☆この問題は、一人だけ○と答えた方がいました!(おめでとうございます)



問題2:富岡地区の問題です。下富片側という地名は、三富(さんとめ)の開拓の際に、片側しかかいたくされなかったので、その名残でその名がついた。


答2:○
上富・中富は六間道を挟んで両側に開発されたが、下富は片側しか開発されなかったため、下富片側の名がついた。(事務局調べ)

☆この問題は、異議あり!との答えが寄せられました。宅地開発されているから、それはおかしいというご意見でした。

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。