スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ所沢市最後の2地区!!地域福祉コミュニティ推進事業がスタートしました!!

小手指地区・富岡地区 
地域福祉コミュニティ推進事業第1回拡大版!!


◆開催日時:平成21年6月27日(土)10:00~12:05
◆開催場所:所沢市役所8階大会議室
◆出席者:73名(小手指地区39名、富岡地区20名、市5名、社協7名、実習生2名)

本日の目的:
①事業の趣旨(概要)を理解し、関心を高める。
②参加者同士が交流を図る。
③この事業への参加を促す。


― 内容 ―
1 プログラム
2 この会のまとめ
1 プログラム

1)開会あいさつ
・ 所沢市役所福祉総務課北課長から挨拶がありました。

2)オリエンテーション
・ 資料確認をし、本日の目的、流れの説明を行いました。

3) 事業概要説明
・ 事業概要についてスライドを使って説明したあと、担当職員の紹介を行いました。

4)講義
・ 日本社会事業大学教授辻浩(つじゆたか)先生から、「住民が切り拓く地域の福祉」をテーマに講義を行いました。
     0627小手指・富岡コミ(1)

  地域福祉とは、会社のルールとは異なり、自分にとって居心地のいい関係があって、そこの活動で喜んでくれる人がいたら幸せだ」という発想や、一緒に過ごした時間の多さがつながりをつくるといった考え方を持つことの大切さを話されました。また、「お世話をするのは得意でも、お世話されるのは不得意という人」という部分で、苦笑される方やお互い顔を見合わせる場面も。先生からは、「人の力を借りて生活していくことや不自由さがあっても自分を大切に思う感覚も大切。自分たちや地域の課題に自分たちで取り組むことによって、人間らしさが回復するという効果もある」との言葉に、地域福祉の重要性を感じつつ、難しい事業ではないのでは、と表情が和らいでいました。

5)休憩
・ 休憩中に7グループに分かれて着席する。

6)意見交換会
①テーマ(下記の2つ)に沿って付箋紙に記入0627小手指・富岡コミ(2)
 ・自己紹介(名前、地域での活動or 参加動機)
 ・私は3年後、こんな地域に住んでいたい (先生の話も踏まえながら) 
②自己紹介と記入したことの報告  
③分類作業・意見交換
④グループごとに報告


各グループから出た意見としては、「人とのつながりがある地域」「近所の人とあいさつができる・声がかけあえる」、「引きこもりがちな高齢者が集まれる場がある」等の意見が多く出されました。

7)まとめ
・各グループの報告を踏まえ、講師からまとめのコメントがありました。

印象に残った意見は「あいさつができる」といった基本的なことではありますが、人間関係を形成していく上で大変重要な基礎とも言えます。市・社協が理想を前面に出すのではなく地道に地域に根ざした活動を推進していこうという姿勢も感じられました。今後の活動に大変興味が出てきました。今後の活動に期待します。


8)事務連絡・ 今後のスケジュール確認
・ 感想シート、アンケート(申込書)の提出

9)閉会あいさつ
・ 所沢市社会福祉協議会村岡次長から挨拶

いよいよ最後の2地区もスタートしました!!
隣り合っている2地区が今後、どのように「地域のつながり」作りに取り組んでいくのか、楽しみですね!

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。