スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域と手をつなごう

並木地区 こぶし団地自治会を訪問しました!0221並木こぶし見学

日時 平成21年2月21日(土)10:00~12:00
会場 こぶし団地自治会館 2階談話室
参加  21名(参加者15名、こぶし団地自治会3名、見学3名)

こぶし団地は1966年に入居を始め、入居以来これまで「個性で共存!住民自治を推進しよう」をスローガンに、政治的にも信教の面でも中立公平な自治会活動を心がけてきたそうです。

~ 活動内容 ~
こぶし団地自治会の取り組みについて、こぶし団地自治会館にて自治会会長からお話を伺いました。
こぶし団地自治会の取り組みについて、こぶし団地自治会館にて自治会会長からお話を伺いました。

こぶし団地自治会の成り立ちから、自治会で取り組んでいる活動、団地内の高齢化に伴い始まった「高齢者生活支援センター(通称コスモス)」について説明していただきました。

終了後に質疑・意見交換の時間を設け、自治会運営についての課題や今後に向けたアイデア、「高齢者生活支援センター(通称コスモス)」の活動について活発に意見交換が行われました。

※高齢者生活支援センター(通称コスモス)
 平成18年9月に発足し、近年の団地住民の高齢化に伴う生活課題に対し、生活支援を行っています。
 住民有志のボランティアに支えられています。庭の除草や植木の高枝切り等の要望が多いとのこと。


こぶし団地の43年の歴史が大木の年輪のように感じられます。参加者の皆さんは、活動が根付く秘訣を垣間見たのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。