スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所沢・吾妻地区 4回目の取り組みをご報告します!!~Part.2吾妻地区~

第4回の取り組みをPart.1所沢地区、Part.2吾妻地区として、ご報告しています。

Part.2吾妻地区をご報告します!
Part.1所沢地区の取り組みはコチラをクリック →Part.1所沢地区へGO!!


◆開催日時:平成20年8月30日(土)10:00~12:00
◆開催場所:吾妻公民館 学習室1号
◆出 席 者:21名(吾妻地区16名、市1名、実習生(市)2名、社協2名)

本日の目的
ポイント(「地域を知る」「地域の情報を共有する」)を押さえながら、実践活動で取り組みたいことを出し合い、共有する

1 プログラム
(1)(2)はPart.1所沢地区を参照

(3)質疑応答・まとめ
・ 参加者からの質問から、地域にある既存の活動や本事業のとらえ方について共有

(4)アンケート記入・事務連絡0830吾妻第4回
・ アンケートで今回の感想を集計
・ 企画委員について説明
・ 今後のスケジュール確認

(5)閉会
・ 鈴木副主幹からあいさつ

2 この回のまとめ
「実践活動で取り組みたいことを出し合う」という参加者に事業の主体が移る場面に入り、参加者から事業への不安や疑問、事務局側との隔たりについて、質疑応答から話し合いへと発展しました。

既存の活動や自治会・町内会の活動が活発であるという一方で、「世代間でつながれるような仕掛けがほしい」「子どもが育っても忘れない地域にしたい」「既存の活動を応援する活動もいい」などの意見も出され、活動が活発な地域での事業実施の難しさが浮かび上がりました。

 また、事務局に対して、地域の実情を把握して事業に臨むべきだとの指摘がありました。しかし、事務局が得ることのできる情報は十分でないのが現状です。
今後は、このことを参加者の皆さんとも共有した上で、企画委員等と連携し、地域の理解を深めていく必要があると感じました。

主なご意見、ご質問は、以下の通りです。
・吾妻地区の全体像はどうなっているのか
・会場について
・市でプロジェクトチームを組まないのか
・終了地区の経緯を知りたい
・本事業の名称に含まれる「福祉」について
・職員がまず地域を知るべきではないのか

所沢地区とはうって変わっての内容となりましたが、参加者の皆さんが地域のこと、この事業のことを大切に思ってくださっているからこそのご意見・ご質問だと思います。


職員にとってはとても厳しい回となりましたが、厳しい中にも参加者皆さんが持つ熱く強い力を感じることができました!
こういった状況を乗り越えた先に、参加者、職員、そして地域の中に何が生まれるのでしょうか!

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。