スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広がれ!地域の底力!

地域活動推進のノウハウご紹介します!!

地域福祉コミュニティ推進事業の参加者を増やすにはどうしよう・・・と悩んでいたところ、

偶然、これを発見しました!!  →神戸市市民参画推進局「地域活動 ちえぶくろ」

地域を盛り上げるヒントがきっと見つかるはずです!!

P.S.
神戸市は、阪神・淡路大震災により、町並みだけでなく、地域コミュニティにも甚大な被害を受けました。その経験から、神戸市全体が、復興当初から地域コミュニティの再構築に力を入れ、行政だけでなく、市民の中からもさまざまな取り組みが活発に起こりました。

地域にもっとも”底力”がある自治体の一つでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : ボランティア活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

さあ!つながろう!所沢・吾妻地区!!

地域福祉コミュニティ推進事業 IN 所沢地区・吾妻地区が6月28日からはじまります! →チラシ・詳細な説明はこちら(*社会福祉法人所沢市社会福祉協議会ボランティアセンターのホームページに飛びます。)

あなたの「こんなまちになったらいいな!」を地域の人と一緒に深めませんか?

地域福祉コミュニティ推進事業は、地域の人が集まり、地域について“知る”“考える”“実践する”ことを通じて地域のつながりづくりを進め、誰もが安心して暮らせる街をめざします!

この事業は三ケ島、山口、松井、新所沢、新所沢東、並木、柳瀬地区でも取り組んできました!
写真は並木・柳瀬地区(昨年度)の様子。
      並木0310かがやき     柳瀬0119サブB

今年度の所沢地区・吾妻地区の活動スケジュール等は下記の通りです。

1 日 程
6月28日 事業概要説明≪拡大版≫
7月19日 事業概要説明・参加者自己紹介等
8月9日 講義:これからの実践に向けて
8月30日 活動計画づくり1
9月20日 活動計画づくり2
10月11日 活動計画づくり3
11月1日 活動計画づくり4
11月22日 実践活動
12月13日 実践活動
1月 17日 活動報告
2月7日 年間のまとめ・次年度の活動に向けて1
2月28日 年間のまとめ・次年度の活動に向けて2
※全て土曜日で時間は午前10時~正午です。

2 場 所
所沢市役所、所沢市役所旧庁舎、吾妻公民館、他

3 対 象
所沢地区・吾妻地区に在住・在勤・在学(中学生以上)の方で、活動期間内に継続して参加できる方(各地区20名程度)

4 申込み方法
6月20日(金)までに下記の連絡先に電話・FAX・メールで直接応募(FAX・メールの場合は、お名前、ご住所、電話番号を明記の上、応募して下さい)。

5 参加費   
無料

少しでも気になる方は、第1回をのぞいてみて下さい!
★6月28日 事業概要説明≪拡大版≫★
午前10時~正午まで、所沢市役所6階604会議室にて開催される第1回実践活動では、事業概要説明や参加者同士の意見交換会を予定しています。自分の住む地域のことを見直す機会になると思います!

《お申し込み》
●所沢市役所福祉総務課
電話2998-9113/FAX2998-1147/メールa9113@city.tokorozawa.saitama.jp
●社会福祉法人 所沢市社会福祉協議会/地域福祉振興課
電話2925-0041/FAX2925-0040/メールgo_dash555@yahoo.co.jp


地域福祉コミュニティ推進事業について詳しくはこちら →クリック!

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

20年度柳瀬地区 定例会を開催しました

0510柳瀬第2定
柳瀬地区 第2回定例会

■平成20年5月10日(土)10:00~11:45
■柳瀬公民館 学習室2号
■参加者15名、社協1名、市1名

1 開 会
・ 新しく担当となった市役所の鈴木副主幹からあいさつ

2 協 議
福祉まつりにむけて、柳瀬地区が動き出します!!

続きを読む

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

20年度並木地区チーム☆なみき ~なみき情報誌校正作業~

■日時 4月26日(土)10:05~12:45
■会場 所沢市役所旧庁舎 第4相談室
■参加者 参加者8名、社協1名  計9名

1 開会
2 協議
冊子発行に向け、内容をさらに詰めました!

続きを読む

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : まちづくり 地域福祉

並木・柳瀬地区の取り組み~新年度スタート!!~ Part2.柳瀬地区編

平成19年度の地域福祉コミュニティ推進事業実施地区である並木・柳瀬地区が、平成20年度の活動に向けて動き出しました!

今回はPart.1・2のPart.2柳瀬地区編です!
Part.1並木地区編へはこちら(←ここをクリック!)

《柳瀬地区 第1回定例会報告》

■日 時:平成20年4月5日(土)10:00 ~ 12:00 
■会 場:柳瀬公民館柳瀬公民館 学習室2号
■参加者: 参加者12名、社協2名、市1名  計15名

1 開 会

    柳瀬0405002    柳瀬0405001

2 協 議

項目
1) 活動計画のたたき台の検討について
2) 世話人会について
3) その他

続きを読む

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

並木・柳瀬地区の取り組み~新年度スタート!!~ Part1.並木地区編

平成19年度の地域コミュニティ推進事業実施地区である並木・柳瀬の両地区が、平成20年度の活動に向けて動き出しました!

今回は両地区の第1回定例会をPart1・2でご報告します!

《並木地区第1回定例会》

■開催日時:平成20年4月5日(土)10:08 ~ 12:03 
■開催場所:所沢市役所 604会議室
■出席者:参加者11名、社協2名、市1名 計14名

1. 開会

2. 協議項目
1) 冊子発行に向けて  
2) 平成20年度の活動計画  
3) その他

並木0405002        並木0405


続きを読む

テーマ : イベントのご案内
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : まちづくり 地域福祉 所沢

7地区懇談会「活動を報告し合い、今後の活動について方向性をつかむ」Part2

地域福祉コミュニティ推進事業実施地区の参加者で集まり、懇談会形式で情報交換を行いました。
(前半・後半に分けて報告します。)
今回はその後半です!
*前半はこちら(←クリックしてください。)

活動報告とパネルディスカッション
    03167地区懇パネル1         03167地区懇パネル2

引き続き、中島修氏をコーディネーターに、各地区の平成19年度活動報告、各地区代表とのパネルディスカッションを行いました。

(1)活動報告
三ヶ島地区
・三ヶ島公民館主催の文化祭に参加し、地域の防災意識高揚を図った。活動の継続が課題である。

山口地区
・柳瀬川の清掃活動が自治会等ともつながりながら、ひろがってきている。

松井地区
・マップづくり:平成18年度に3,000部作成し、民生委員を通じて配布した。19年度は高齢者に見やすく、防災も含めた内容を検討し、来年度も引き続き検討していきたい。

・花いっぱい松井の輪:草花を通じたコミュニティ推進を図るべく、公園の花壇への花植えや保育園等への花の寄贈に取り組み、喜ばれた。今年で3年目であるが、地道に取り組んでいきたい。

所沢地区・新所沢東地区
・環境美化活動や世代間交流フェスティバル開催に取り組んだ。世代間交流フェスティバルは300名を超える参加者があった。

並木地区
・自分の地域を知ることと情報の共有を目的に、情報誌を作成した。今後は情報の発信の方法が課題である。

柳瀬地区
・「ゴミ拾いしながらの調査活動」と「ふくしまつり」について検討し、今年度は、まず地域の情報を知り、その上でふくしまつりにつなげていくことになり、ゴミ拾いをしながら調査活動を行った。

(2)パネルディスカッション
講師が提示したテーマに沿って各地区から意見発表を行いました。

テーマ1:地域の特性に福祉をどう結び付けるか
・三ヶ島地区:福祉の視点から防災を考える活動で、地域に浸透させていきたい。地区社協を今後の活動の方向性としても考えられる。
・山口地区(柳瀬川のせせらぎ):川が心の潤いと交流の場になるようにしていきたい。
・松井地区(花いっぱい松井の輪):公園を交流の場にしていきたい。
     (松井福祉マップ):災害が起こることを理解しマップを通じて伝えていきたい。
テーマ2:地域のつながりをつくるには
・新所沢・新所沢東地区:メンバーが自分の知っている団体について情報提供したり、団体を連れてきている。メンバーからは前向きな意見しか出てこない。

テーマ3:自分たちの活動をいかに知ってもらうか
・並木地区:11行政区の中で高齢化率が2位。高齢者に絞った情報を出していきたい。

テーマ4:地域を知る活動
・柳瀬地区:今後もサブ調査を実施し、地域の施設見学などを含めて取り組んでいきたい。 

(3)講師のまとめ 
・情報発信は重要である。年1回でも良いので、発信することで地域に知ってもらうことが大切である。
・活動を通じて地域を知り、見直す中で新しい活動につながっていく。
    
グループ懇談
     03167地区懇グループ1       03167地区懇グループ2

活動報告やパネルディスカッションを聞いての気づきや今後やってみたいことについて、意見交換を行いました。
(1)グループの発表
①1グループ
 ・広報をして、住民に活動を知ってもらう。
 ・ 活動の継続が大切。その為には、自分たちが健康である必要がある。
②2グループ
 ・広報活動は活動に必要な課題でもあり、ポイントである。
 ・また、メンバーの増やし方(若 い人材を引き込む)や事務局機能の担い手についても課題がある。  その意味でも、今後は公民館との連携も必要である。
③3グループ
 ・活動と福祉をどう結び付けていくのか。情報発信が特に大切である。
  ・自分たちの活動を進めるに当たり、市や社協をうまく利用すれば良い。

(2)講師のまとめ
・広報は、現状では紙媒体も大切。パソコンを使いこなせるのはごく一部という実態がある。情報の出し方には工夫が必要である。
・地域で注目されるイベントを開催することで、地域の人に知ってもらうきっかけになる。
・活動の継続には、「達成感」・「やりがい」・「楽しさ」が必要。「やらなきゃ」では継続できない。「どうせやるなら前向きに」といかに思えるかがポイントである。
・この事業は残り4地区。地区社協の体制づくりが必要になる時期に入ってきたのではないかと考える。


テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : まちづくり 地域福祉 所沢

7地区懇談会「活動を報告し合い、今後の活動について方向性をつかむ」Part1

地域福祉コミュニティ推進事業実施地区の参加者で集まり、懇談会形式で情報交換を行いました。(前半・後半に分けて報告します。)
今回はその前半です!


日時:平成20年3月16日(日)13:30~16:30 

会場:所沢市役所6階604会議室

出席者:37名 
(三ヶ島地区3名、山口地区1名、松井地区4名、新所沢・新所沢東地区4名、並木地区6名、柳瀬地区10名、市3名、社協4名、学生スタッフ1名、講師1名)

主な内容「活動を報告し合い、今後の活動について方向性をつかむ」
1 開会あいさつ
2 オリエンテーション
3 講話「住民主体のまちづくり」について
4 活動報告(パネルディスカッション)
5 懇談
6 質疑応答・まとめ・講師からコメント
7 事務連絡・閉会

講話「住民主体のまちづくり中島修氏(東京国際大学専任講師)03167地区懇講話

★主な内容★
(1)地域づくりの動向
制度だけでは支えきれないという状況から、コミュニティづくりの重要性が高まっている。

→国としても「小地域福祉活動活性化事業」が予算化
 所沢市においては、『地域福祉活動計画in所沢』の策定や所沢地域福祉計画の見直しに関する 提言書が完成

(2)地域福祉コミュニティ推進事業に求めたい役割は、次の5点。
①地域の社会問題を多くの地域住民に伝えていく役割
②住民が話し合う場を作ったり、話し合えるように促していく役割
③住民と学校、施設をつなぐコーディネーターの役割
④社会問題に対して、小さな活動から取り組んでいく役割
⑤学校や地域(施設を含む)で福祉教育プログラム(疑似体験など)を実践する役割

→役割におけるポイント
「出会いの場」「協働の場」「協議の場」の3つの場づくり

(3)住民が主体的に支えあう活動へ向けて
・活動の展開
→「地域を知る(地域アセスメント)」「住民が決める(合意形成)」が大切である。
→活動が始まったら数年計画で進めていく方針を話し合う。
(優先的に取り組むことを明確にする⇒地区活動計画)

・活動の継続
→活動が住民の生活課題に基づき、その意義が地域役員などの住民の理解を得る。
・ 活動の工夫
→地域のまつりやイベントを重視し、そこに集う人々を大切にする
(協働⇒地域の力に)

パネルディスカッション以降は次へ。
後半へ(←クリックして下さい。)

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : まちづくり 福祉 地域福祉 所沢

お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。