スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代間交流・自主活動(12月2日)

世代間交流イベントについて会議を行い、検討をしました
20061213152546.jpg


1.イベント内容について
1)時間について
・会場を予約している時間は9:00~17:00。
・イベントの開催時間は10:00~15:00とし、前後1時間を準備・片付け時間とする。

2)調理について
・調理は調理教室にし、定員制とする。
・午前中は芋煮、午後はクッキー作り。定員は各20名、各テーブル5人まで。
・材料費は両方とも100円。
・芋煮は、大舘さんの知人の方(山形出身)に講師依頼をする。クッキーは、大塚さんの娘さんに講師依頼する。
・芋煮は、作った人だけが食べるのではなく、販売も行う。(1杯100円)
・芋煮の容器などは使い捨て容器とする。
・午後のクッキーと共に、飲み物も必要では?と言う意見が出た。

3)研修室について
・研修室はフラワーアレンジメントと保育で使用する。
・フラワーアレンジメントの費用は500円。講師は三宅さんの予定。
・保育は午前中のみとする。

4)広報について
・市報、翔びたつ広場への掲載はしない。新所沢・新所沢東公民館だよりへの1月号掲載を依頼する。新所沢東公民館便りの記事掲載依頼締め切りは12月17日(日)、本橋氏が調整する。
・12月9日(土)の団塊の世代イベントで、チラシを配布する。その際、地域福祉計画概要版と共に配布する。チラシの内容は、イベントのお知らせと、参加者募集。
・新所沢地区民協の定例会が12月7日(木)にあるが、この際、木村氏が中心となりイベントチラシを配布する。
・自治回覧は、カラーチラシ1枚にし、詳細・申し込みは社協へと記載する。
・その他の広報手段は、本事業参加者の所属団体に声かけをする。
・チラシは、申込書付きと申込書無しの2種類を用意する。申込書付きは設置用とし、申込書無しは、連絡先を社協とし、調理・保育・フラワーアレンジメントのみ申し込みをしてもらう形とする。

5)事業PRなど
・事業PR、環境美化活動の報告、および、今後に向けた方向性のPRについては、大講堂で行う。PR方法については、まだ具体的に決めていない。
・「今後に向けて」の叩き台は、大舘氏が中心となってまとめたものを会議で提出して頂いたものがあり、大舘さんのまとめを噛み砕いた表現にしたものもあった方が良いと言う意見も出た。
・参加者が「こんなまちになったら」などのメッセージを書き、木に貼り出す。

6)その他補足事項
・受付を設置することは決めたが、大講堂入り口だけでなく、調理室前にも必要ではないかという意見もあり、1箇所にするか2箇所にするかは決まっていない。
・アンケートを取ることを決めたが、今後一緒に活動したい人は連絡先を書いてもらう欄を入れることにする。
・スタンプラリー実施については意見が分かれ、はっきり決まっていない。
・大講堂での昔遊びは、長生クラブの萩原さんと調整する。

7)タイムスケジュール今回決まった内容をまとめたタイムスケジュールは次の通りである。
●大講堂
10:00~15:00 昔遊び・事業PR
●調理室
10:00~12:00 芋煮作り教室定員(20名)
12:00~13:00 芋煮販売
13:00~15:00 クッキー作り(20名)
●研修室1
10:00~12:00 保育(事前申し込みが必要)
●研修室2
10:00~11:00 フラワーアレンジメント(定員15名)
13:00~15:00 フラワーアレンジメント(材料が無くなり次第終了)

2.今後の予定
・12月16日(土)に、環境美化活動の報告会終了後に、世代交流イベントの会議を行う。また、この際、環境美化担当者にもイベント内容を伝えたいと考えている。2月3日(土)までの予定はまだ決めていない。

3.その他
・12月7日(木)民協定例会、12月9日(土)団塊の世代イベントにてチラシ配布を行う。チラシデータは、原さんで作成し、社協で印刷を行う。民協用は、色紙に白黒印刷し、社協職員が木村氏へ当日手渡しする。
・団塊の世代イベントは、カラー印刷し、裏面に大舘さんが作成した今後の方向性を記入したものを印刷する。

DSC09934.jpg


DSC09935.jpg




スポンサーサイト

団塊の世代へ贈る体験イベント開催!

一致団塊!地域でひと花咲かせやしょう」
20061206114307.jpg

≪実施要領≫
1 目的
団塊の世代をはじめとした勤労者に対して、ボランティア・市民活動の多様な体験の選択肢を準備し、ボランティア・市民活動へ幅広く参加するきっかけづくりのためのボランティア・市民活動体験のプログラムを実施する。

2 主催
埼玉県社会福祉協議会、所沢市社会福祉協議会

3 後援
埼玉県、所沢市(予定)

4 協力(予定)
朝日新聞社さいたま総局、共同通信社さいたま支局、埼玉新聞社、産經新聞社さいたま総局、時事通信社さいたま支局、テレ玉、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、NHKさいたま放送局、毎日新聞社さいたま支局、読売新聞さいたま支局、FM NACK5
      
5 日時  
平成18年12月9日(土)10:00~16:00
    
6 会場  
ラーク所沢(所沢市花園2丁目2400-4[クリックすると地図が開きます]:電話04-2943-2110) 
※西武新宿線 新所沢駅東口下車徒歩15分。駐車場が少ないため、車での来館はできるだけ御遠慮ください。駐車できない場合がございますので御協力をお願いいたします。

7 参加対象者 
定年退職後の人生の過ごし方について考えている方、地域活動に興味のある方、生きがいを見つけている方、地域での仲間を作りたいと考えている方、夫婦での地域生活を楽しみたいと考えている方、興味のある方ならどなたでも。

8 参加入場料 
無料(なお、一部のプログラムでは昼食代等の実費をいただく催しがあります)

9 内容
①講演  10:00~10:50  2階 研修室
テーマ:「地域の中へ、第一歩」~団塊の世代を対象にした社会参加のきっかけづくり~ 
出演者:立正大学 教授  稲葉 一洋氏 
定 員:40名
 
②トークショー(シンポジウム) 11:00~12:00 2階 研修室
テーマ:「こうすると見つかる自分の居場所!」
つい最近まで活動をしたことのなかった団塊の世代の方、御主人がもうすぐ定年を迎える奥様、グループを作って活動を進めている方のお話です。
コーディネーター:さいたまNPOセンター 専務理事 越河 澄子氏 
定 員:40名

③夫婦で学ぶやさしい介護のコツとイキイキ体操~夫婦で始めてみませんか~
1)介護のコツ 10:00~11:00  
いつまでも若々しく、元気で暮らしたいと思うのは誰でも同じです。そのためには、体力のある今こそ介護知らずの体作りを始めるチャンスです!!

2)イキイキ体操 12:30~13:30  1階 和室
伴侶が介護を必要になった時、あなたはどうしますか?介護の仕方しだいで、介護する側もされる側もとても楽になります。初めてでも簡単にできる介護のコツを教えます。
定 員:1回あたり12名(2名1組)
服装等:両コースとも動きやすい服装でおいでください。

④音楽体験 10:00~15:00  1階 ホール
ビートルズ・フォークソング・グループサウンズなど、ギターを挫折した人、やりたくてもできなかった人、再チャレンジ!!フォークギター等の楽器を用意しますので、若い頃流行った曲を弾いてみましょう。

⑤「最新高齢者介護施設の今!」 10:00~15:30 真寿園(川越市)
2015年団塊の世代の方達が65歳になる頃を想定して、国では介護施設での“その人らしい生活を送ることを実現”するためのユニットケア(個別ケア)を推進しています。このユニットケアを先駆的に行い、「自分が入りたい施設とはなにか」と常に考え、五感への配慮を大切にしたケアを実施している施設で、食事をしたり、本格的な陶芸を楽しみながら、これからの新しいライフスタイルを考える一日にしてみませんか!百聞は一見に如かず!!
・ナビゲーター:真寿園 施設長 荻野 光彦氏
・定 員:30名
・参加費(陶芸代・昼食代):1,000円
※ラーク所沢から真寿園は、希望により送迎いたします。直接、真寿園にお越しいただくことも可能です。

送迎を希望する場合 集合10時00分(ラーク所沢正面玄関・解散15時30分
送迎を希望しない場合 集合10時30分(真寿園へ直接)・解散15時00分
※真寿園:川越市大字安比奈新田292-1(クリックすると地図が開きます)・電話049-234-8838

⑥「団塊の世代のフリートーク」 13:00~14:00 2階 会議室
講義やトークショーを聞いてみて、同じような思いをお持ちの方、何か始めてみたいと思った方、どなたでも自由にご参加ください。
 
⑦見本市  10:00~16:00  1階 ホール
実際にどんな活動が行われているのか、どんな人が、どんな思いでおこなっているのか。実際に触れてみてください。
1)日曜大工~家庭内のちょっとした修理を行なう~
 すまいーる783(有償ボランティアグループ)

2)癒しの園芸
 NPO法人 土と風の舎

3)本格的な収録用ビデオカメラ等で現場の撮影を体験
 NPO法人 21世紀まちづくりの会

4)「生きがい発見シート」を使い自分の可能性を見つける。
 ときめきライフクラブ

5)マジック~いつもは明かさないタネも大公開!
 マジッククラブ

6)障碍を持つ人の就労と安全な有機野菜を市民の食卓に供給する(コミュニティビジネス)
 八百屋ごんべえ(所沢市)

7)エコ料理の体験・・・10:00~14:00  調理実習室
 ゴミを出さないエコクッキング、圧力鍋・余熱を利用した省エネクッキングは、体にも、環境にもよい料理です。普段、台所に立たないお父さんでも大丈夫です。
講 師:NPO法人さざ波の会 代表 早野 久子氏
定 員:30名
材料費:500円

⑧コミュニティビジネス:地域にないなら作ってしまえ!13:00~15:00 2階研修室
内 容:経験・知識・向上心豊富な団塊世代。団塊世代が集まれば地域起こし。ビジネスにもなってやりがいにもなる事業を立ち上げよう。コミュニティビジネスの概論、志から起業という手法で地域おこしを考えている市民団体の発表をおこないます。
定 員:40名

⑨写真展~振り返る60年~
1930年代の駅前風景、70年代の自動車など、時代を振り返る懐かしい写真を集めました。

⑩授産品紹介・販売コーナー
手作りのパン、カップケーキ、クッキー、お弁当、コーヒーを販売します。新鮮有機野菜もあります!

⑪なんでも相談コーナー
何か始めてみようと思った方、これからどうすればいいのか質問のある方、どうぞお立ち寄りください。

10 申し込みについて
事前の申込みが必要なものは、別紙受講申込書に必要事項を御記入の上、FAX又はe-mail又は郵送で、12月6日(水)までに埼玉県社会福祉協議会にお申込みください。ただし、定員に達し次第締め切ります。参加決定の連絡はいたしません。参加いただけない場合のみ主催者より連絡をさせていただきます。

事前申込みが必要なプログラムは以下です
・講義 40名 無料
・トークショー 40名 無料
・「コミュニティビジネス~地域にないなら作ってしまえ~」 40名 無料
・「最新高齢者介護施設の今」 30名 1,000円
・エコ料理 30名 500円

※定員に余裕がある場合は、当日の参加も可能です(先着順)。
※費用は、当日受付にてお支払いください。
 
11 参加申込の記載事項について
本事業の参加者名簿管理及び実施後の参加者アンケート以外の目的には使用いたしません。

12 問合せ及び申込先
●埼玉県社会福祉協議会(埼玉県ボランティア・市民活動センター担当:塚原)
〒330-8529 さいたま市浦和区針ケ谷4-2-65 彩の国すこやかプラザ
TEL 048-822-1435 FAX 048-822-1449
e-mail vc@fukushi-saitama.or.jp
●所沢市社会福祉協議会 地域福祉振興課
〒359-1143 所沢市宮本町1-1-2 旧市庁舎内
TEL042-925-0041 FAX 042-925-0040

第7回 集まれ!地域の底力!

平成18年11月25日(土)に第7回がおわりました~!!

本日のテーマは『活動の日時・場所を決定する・連絡担当を決める』でした。
活動の内容は以下のとおりです。

1.オリエンテーション
本日の目的、流れ、配布資料の確認を行いました。また、事務局主体の全体会は本日終了すること及び、今後グループで話し合いを行う場合は、職員が入ることを連絡しました。


2.企画調整会議の報告、質疑応答
前回話し合われた環境美化活動、世代交流イベントの活動内容を元に、2回の企画調整担当会議で検討した活動案
を提示し、質疑応答を行いました。
DSC09849.jpg


★質問事項★
質問:ゴミばさみ、ゴミ袋は誰が用意するのですか。
回答:ゴミ袋は、各自で用意。ゴミばさみは持っている人だけ。
事務局から:腕章は社協備品として購入することになりました。


3.ワークショップ「具体的な活動計画の作成」
環境美化・世代交流の2つのグループに分かれ、活動案を具体的に決
めました。また、それぞれの活動の連絡担当を決めました。

★環境美化活動★
1)実施コースについて
新所沢東口周辺と西口周辺の各コースを3つに分けることになりました。

2)調査実施活動について
・新所沢駅に集合し、東口は市民体育館、西口はコミュニティセンタ
ーまで、各3 コースに分かれ、調査活動、ゴミ拾いを行う。
・終了後、各ゴール地点で報告会を行う。
・当日は徒歩で活動を行う。
・どんなゴミが落ちているか、デジタルカメラで撮影し、報告会の資料とする。
・ゴミは大きく2 つに分ける。(燃えるゴミ、燃えないゴミ)
・枯れ木・落ち葉等は拾わない。

3)当日までに用意するもの
・各自持参するもの、社協で準備するもの、そのほか必要なものを確認しました。

★活動日は平成18年12月16日と平成19年1月20日に決定しました!!★
     午前9時50分集合/午前10時00分出発です!!

4)連絡担当者
各コース一名ずつ連絡担当者を決めました。

5)その他
・腕章の色は黄色に決定しました。中のデザインについては、社協で
いくつか原案を作り、その中から選択してもらいます。
・ゴミは各自で持ち帰ります。
DSC09869.jpg


★世代交流活動★
DSC09855.jpg

1)イベント案で出された意見
・楽器演奏(マンドリン、お琴)
・飲み物(甘酒・紅茶・お茶)
・食べ物(お寿司・お弁当・綿菓子など)
・車イスファッションショー、車イスダンス
・国際交流(スリランカ他の国々の方)
・インターナショナルハワイアンバンドのフラダンス
・幼児向け運動遊び
・高齢者と子供の遊び

2)イベント会場について★
以下の会場を予約してあります。
新所沢公民館大講堂、調理室、研修室1・2号
2月3日(土) 9:00~17:00
* 時間は会場を予約してある時間です。イベントの開始、終了の時間
ではありません。

3)今後の予定
12 月2 日(土) 10:00~12:00 市民体育館会議室1 号
内容:「イベント内容決定、今後の予定」
2 月3 日(イベント当日)までの予定に関しては、11月25日現在、
決まっておりません。
DSC09877.jpg


4.まとめ・旗上げアンケート・次回の連絡
旗あげアンケートを行い、次回の連絡をし終了しました。
DSC09882.jpg


具体的な活動日程や活動場所もだいぶ決まりました!!

第6回 集まれ!地域の底力!

平成18年11月11日(土)に第6回がおわりました!!

本日のテーマは
『具体的な活動を決定する・連絡担当を決める』
でした。

1.オリエンテーション
まず、第7回(11/25)開催のお知らせをし、本日の目的、流れ、配布資料の確認を行いました。

2.事務局からの説明(活動計画に当たっての再確認)
活動計画作成にあたり、目的、今後の流れ、次年度に向けて等の話をした後、今後グループに分かれるが、活動は一緒に進めていく事を念頭に入れて頂きたいことと、本日話し合った計画を25日に具体的にする旨の説明をしました。

3.ワークショップ
本日のワークショップのテーマは「具体的な活動を決める」でした。

環境美化世代交流の2つのグループに分かれ、取り組む活動を具体
的に決めました。また、各グループから企画調整担当を選出しました。
各グループの話し合いの内容は以下のとおりです。(出た意見の一部です)

環境美化グループ
20061205104127.jpg


目的
・環境美化を通し地域の方との交流を
・世代間交流・地域助け合いによりまちの環境美化を図る

何を
・ゴミ拾い(毎月一定日)
・幹線道路の雑草除去
・幹線道路沿いの花壇整備
・落ち葉拾い

どうやって
・まずグループ単位で実施し、課題を見つけた上で改善し周知する。
・自治会と連携して実地する(時期が重ならないように)

PR 活動
・環境美化の情報を発信する
・それぞれの団体に声を掛ける
・「町会だより」に掲載
・まず知人に参加を呼びかける

どこで
・駅を中心とした東西地域のメイン通り
・公園の内外
・新所沢地区中央公園周辺

世代間交流グループ
20061205104335.jpg

今ある組織のつながりを作る
・他のグループの活動もわかる場所
・より多くのグループを集める
・今ある組織に呼び掛ける⇔ 入っていない人のことも考えないといけない。
・各方面に声をかけ、協力を呼びかける
・現在参加しているサークル等の人の広がりから呼び込む( コミュニティカレッジ・あゆみ学級・市民大学等)

新しい人材の発掘
・「何かをしたいと考えている」高齢世代を集めて趣旨を話す
・いろいろの世代の人が心を開いて話し合う
・現役世代のスキルを活かせる様な活動分野を事前に考え、用意しておき呼びかける


イベント・内容
・三世代(赤ちゃんからお年寄り迄)の交流
・まず食事会等で知り合い、次に進む→事務局を務める人達へ
・集まった子供と一緒に( お茶会等)で話し合う
・要は大人だけでなく子供を交えて勉強していくこと
・子供向けにはお年寄りとの昔遊びや折り紙
・食物(豚汁・すいとん)
・大学生でボランティア、又は研修のため指導してくれる方があればイベントの計画が出来る
・クリスマスの第九を、子供を交えて合唱する

組織作り
・イベントの目的を提示して、人集めをする
・愛育班・長生クラブ・町会等で具体的な説明をして出席を図る
・公民館で開催
・今属している組織、その構成員が知っているグループ→興味のある人へとすそ野を広げる
・公民館・学校・自治会など地域の拠点を利用し呼びかける
20061205104627.jpg


そして、各グループから企画調整担当を選出しました!!

5.旗上げアンケート・連絡事項
旗あげアンケートを行い、次回の連絡をし、終了しました。
20061205110405.jpg



具体的な活動内容を決定するにあたり、今後の方向性がとても活発に話されていました!!


第5回 集まれ!地域の底力!

平成18年10月21日(土)に第5回が終わりました!!

本日のテーマは
『活動計画を作成する』
でした。

1.オリエンテーション
新規参加者2名の方の紹介と11月の開催予定日の確認、本日の流れと資料の確認をしました。


2.事務局からの説明、これまでの意見の総まとめ
これまでに出た意見を分野ごとに整理した資料を用い、説明を行いました。

3.ワークショップ
テーマは「具体的な活動を検討する」
3つのグループに分かれ、取り組む活動案を検討しました。
各グループ話した内容は以下のとおりです。(意見の一部です)

Aグループ
こんな活動は?
・挨拶運動
・地域資源
・きれいなまち
・交流
・花を咲かそうキャンペーン


A グループの活動案:花いっぱい活動
ねらい:①人との交流②人集め③誰でも出来る活動
具体的な活動内容:花祭り、ゴミ捨て場に花を置く、グループで花を咲かせる(コンクール)等
*将来的にコミュニティビジネスに…
ワークショップ風景A(1021)


Bグループ
こんな活動は?
・環境美化
・見守り活動
・拠点を探してみよう
・三世代交流イベント(お祭り)
*それぞれの活動で交流をはかる

B グループの活動案:段階を踏んで活動に取り組んではどうか?
活動:①環境美化(きっかけ)→②世代を超えた交流イベント→③活動拠点を探す→④見守り
ねらい:1.世代を超えた交流2.地域をきれいにする3世代交流4.健康
具体的な活動内容:
①道路、公園のゴミ拾いオヤジ・コドモ・生徒会をひっぱり出す。
→防犯にもつながる?
②ゴミ拾いの後豚汁、季節感のあるイベント、(伝承)遊び、食事(食材は商店会で)、健康講座
③余裕教室、福祉施設、出張所のあと、他には・・・?
④子供・高齢者・ご近所付き合い、長生クラブ、PTA、生徒会、町内会、商店会、ボランティアグループ
*欲しいもの:集まれ!地域の底力!の『のぼり』・『ユニフォーム』
ワークショップ風景B-3(1021)


Cグループ
・防犯
・ゴミ
・交流

C グループの活動案
活動:①世代間交流②防犯・防災③ゴミを減らす
ねらい:①交流②つながり③マナー向上
具体的な活動内容:
①イベントの開催、唄声の集い、バス親睦旅行、ヒップホップ大会、太極拳、紙飛行機飛ばし
②マップの作成、防犯部会を作る、民生委員と町会の連携、ガーデニングマップ、朝の集まりの体操、身障者も積極的参加を
③多年草を植える、ゴミ拾い

(1)活動を決める前に
各グループから出された活動案をまとめ、事務局・参加者で意見交換を行いました。

・組織作りや資金についても考えた方が良いのでは?
・何のために活動するのか?
→地域のつながりを作るためのきっかけ作り、大目標はコミュニティづりでは?

*ポイント*
人を増やす、活動を広げる、地域に広げる、継続していく


(2)シール投票
シール投票を行い、以下の2つの活動で進めていくことが決定しました!!
シール投票(1021)


1.世代交流(イベント)
2.ゴミ拾い(環境美化)

だんだんとどう活動していくのかがカタチが見えてきました…!!


お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。