スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4次地域福祉活動計画in所沢 ところWITHプラン(素案)へのご意見を募集します。

 所沢市社会福祉協議会では市民、各種機関、団体等の参画により、平成27年度から平成32年度までの6年間を計画期間と定め、所沢市における地域福祉の推進を図るため「第4次地域福祉活動計画in所沢 ところWITHプラン」の策定作業を進めています。
市民の参加と協働による“ふくしのまちつくり” を進めていくためにも、是非、この機会にご意見をお寄せください。一緒に計画を策定しましょう!

1 応募期間 2月5日(木)から2月20日(金)まで
2 応募資格 市内在住・在勤・在学の方、市内に事業所または事業所を有する個人・法人・団体 等
3 応募方法 直接持参・郵送・FAX・メールのいずれかの方法で応募。必着。
※直接持参の場合は、平日午前8時30分から午後5時まで。
4 記入内容 ①住所②氏名③年齢④性別⑤電話番号⑥意見(おおむね800字以内)
5 素案公開 ①本会HPへの掲載②本会窓口及び各まちづくりセンターへの設置等

募集に関する詳細及び第4次地域福祉活動計画in所沢 ところWITHプラン(素案)等は、
所沢市社会福祉協議会ホームページお知らせ欄からダウンロードできます。

所沢市社会福祉協議会ホームページ(お知らせ欄)
http://www.toko-shakyo.or.jp/cgi-bin/news/news.cgi?action=show_detail&txtnumber=log&mynum=440

【応募・お問い合せ】
所沢市社会福祉協議会/地域福祉推進課(担当/坪井)
〒359-1143所沢市宮本町1‐1‐2(旧庁舎1階) 
電話 04-2925-0041/ FAX 04-2925-3419
メール 0041m@toko-shakyo.or.jp
Date: 2015/02/03


[ CLOSE ]
スポンサーサイト

地域福祉サポーター養成講座(受講生募集)

 所沢市社会福祉協議会は、
「市民が一緒につくる! 健やかに 自分らしく暮らせる 支え合う 心やさしいまち」を
基本理念とする、『地域福祉活動計画in 所沢 ところWITH プラン』の推進に取組んでいます。
計画では、“誰もが参加できる支え合いのまちづくり”を基本目標の一つとし、
子どもから大人まで
地域福祉の推進に協力するサポーターの育成を目指しています。
 今回は、その一環として「地域福祉サポーター」の養成講座を開催します。
是非、ご参加ください。


日 時:平成26年3月15日(土)・29日(土)
       4月12日(土)・19日(土)【全4日】
     午後1時30分から4時30分

会 場:所沢まちづくりセンター 所沢市元町27番5号 など
    (※4月19日(土)は旧庁舎 所沢市宮本町1-1-2 となります。)

対 象:①所沢市に在住・在学又は勤務している、18歳以上の方
     ②地域福祉活動に関心があり、地域福祉の推進に意欲のある方

内 容:所沢市の地域福祉と地域福祉サポーターの役割など

費 用:1,000 円

申込み:参加申込書に必要事項をご記入のうえ、直接持参・FAX・郵送・メールでお申込みください。
     平成26年2月28日(金)締切  ※消印有効

問合せ・申込先:
     社会福祉法人 所沢市社会福祉協議会 地域福祉企画課
     〒359-1143 埼玉県所沢市宮本町1-1-2
     電話:04-2925-0041 FAX:04-2925-3419
     メール:0041m@toko-shakyo.or.jp
参加申込書は、所沢市社会福祉協議会のホームページからダウンロードできます。
http://www.toko-shakyo.or.jp/cgi-bin/news/news.cgi?action=show_detail&txtnumber=log&mynum=357

テーマ : 研修会・講習会・イベント
ジャンル : 福祉・ボランティア

社会福祉協議会職員を名乗る還付金詐欺の電話にご注意ください!

医療費や税金の還付金手続きを口実に、スーパーやコンビニエンスストアなど金融機関以外のATMへ誘導する「還付金詐欺」の予兆電話が多数かかってきています。
社会福祉協議会職員が「還付金があるので、ATMに行ってください」などと言ったお電話をすることはございません。ご家族・ご友人の方が被害に遭わないように、ご注意ください。
また、お知り合いの方にもご注意いただくようお声かけをお願いします。

「還付金があるので、ATMに行ってください」との電話がかかってきたら、まずご家族や警察署に相談してください。
社会福祉協議会、市役所、税務署、日本年金機構(旧社会保険事務所)などが、税金や医療費を還付するために、ATMの操作をお願いすることはありません。
また、ATMには、キャッシュカードを使って資金を「受け取る」機能はありません。

○還付金詐欺の手口
社会福祉協議会、市役所福祉課(*所沢市役所には、『福祉課』と言う部署はございません。)、税務署、日本年金機構(旧社会保険事務所)職員を名乗り、
「医療費の還付金があります」「税金を還付します」「年金の未払い分を還付します」などと言い、「携帯電話とキャッシュカードを持って、ATMで今すぐ手続きをしないと無効になります」と慌てさせます。
犯人は携帯電話でATMの操作を指示し、被害者に還付金を受け取る操作と誤解させて振り込みをさせます。
ATMの画面に、『振り込み』の表示があるので、被害者は自分に振り込まれると勘違いをしてしまい被害に遭ってしまいます。

○還付金詐欺とは
電話でATMに誘導し、還付金を受け取る手続きとだまして、逆にお金を振り込ませる手口です。特に高齢者が狙われています。

○参考 (所沢市役所のホームページもご覧ください。)
1.振り込め詐欺にご注意を!
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/moshimo/bohanbosai/bohan/furikomesagi01/index.html

2.還付金詐欺にご注意ください!
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/moshimo/bohanbosai/bohan/kanpukinsagi/index.html

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

「まちづくりを推進する会 手をつなごうチーム・並木」

0130_namiki002.jpg  0130_namiki003.jpg


 中村会長から、過日開催された地域福祉活動推進会議作業部会の活動について説明があり、並木地区の現在の状況を含め、今後の課題等にも触れました。

会長報告の後、「チーム並木でも今後の活動へ発展させられることはないか」との発言を受け、様々な意見が出されました。

・子ども達と一緒に取り組むのも一案である⇒小学校の生徒や先生に協力求め高齢者・障がい者へのために出来ることを進めてはどうか。
・情報発信⇒必要な情報を月1度位で持ちより年間でまとめ冊子にする。
・住民と行政の間と取り持つコネクターの役割をチーム並木で担っていければよいのではないか。
・地域の中の問題点・また行政のサービス・情報等知り得ることを広く住民に周知する。

等、たくさんの意見が出され「チーム並木」の今後の活動につなげていけるよう次回会議で検討します。


0130_namiki001.jpg

サンタをさがせ!

 平成24年12月15日(土)に、とことこまちづくり実行委員会(事務局・野老澤町造商店)の主催で、
元町コミュニティ広場を主な会場に繰り広げられた「サンタを探せ!2012」。

 商店街のスタッフや市民ボランティア、学生ボランティアなど、番号の割り当てられたサンタ総勢200人が、所沢駅前~プロぺ通り~元町コミュニティ広場までに散らばり、子ども達がサンタを探してビンゴゲームを行うイベントですが、所沢社協も職員が有志でサンタに扮装し、イベントに参加しました。

 サンタに扮した社協職員と企業による募金ボランティアが、歳末たすけあい募金活動も行い、多くの皆様に募金にご協力をいただきました。
DSCF1812-1.jpg


 元町コミュニティ広場でも、社協職員の有志による食品販売プロジェクトとしてイベントに参加。やきそばやコーヒーを販売し、売上を東日本大震災への義援金として寄付いたしました。
売り上げにご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
PC150290-1.jpg
お知らせ!
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリー表示
訪問者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最近の記事
リンク
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。